ホームニュース・出版物ニュース2016> EUのソマリア沖海賊対処作戦「アタランタ」に参加する艦船、海自護衛艦と海上で合流

EUのソマリア沖海賊対処作戦「アタランタ」に参加する艦船、海自護衛艦と海上で合流

EU News 376/2016

2016/11/21

<日本語仮抄訳>

2016年11月21日、欧州連合(EU)海軍部隊がソマリア沖で展開する海賊対処作戦「アタランタ」に参加しているオランダ海軍フリゲート艦「トロンプ」とスペイン海軍海洋巡視船「レランパゴ」は海上にて海上自衛隊護衛艦「すずつき」と合流した。

3隻はそれぞれの航海チームの技能を磨くべく、航海演習を行った。

「すずつき」は現在、バーレーンを拠点とする連合海上部隊の海賊対処部隊である第151多国籍艦隊(CTF151)に参加している。

『EU MAG』の関連記事
「静かに進行する日欧安全保障・防衛協力」 2015年7月号 ニュースの背景

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://eunavfor.eu/operation-atalanta-warships-hnlms-tromp-and-esps-relampago-rendezvous-at-sea-with-japanese-warship-js-suzutsuki/

© eunavfor 2016 URL