ホームニュース・出版物ニュース2016> モゲリーニ上級代表、欧州大陸にとってEU・NATO間協力が不可欠であると訴える

モゲリーニ上級代表、欧州大陸にとってEU・NATO間協力が不可欠であると訴える

EU News 375/2016

2016/11/21

<日本語仮抄訳>

欧州連合(EU)のフェデリカ・モゲリーニ外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は本日、安全保障と防衛の分野におけるEUの取り組みを概説するために、ポーランドのEU常駐代表部主催の「EUと北大西洋条約機構(NATO)の協力の将来」と題した会議に参加した。上級代表は、「初めてEUとNATO共通の検討議題を携え、それを実行しつつある。また、EU側としては、史上初の真の安全保障・防衛の連合に向かいつつある」と述べた。

発言では最新の動きについて説明し、自身の安全保障に責任を負えるEUの構築を主張した。「現在、欧州と米国双方において、NATOおよび欧米間の絆の将来に対し不安を覚える者がいることを承知している。私は、大西洋の両岸の間に健全な関係を保つために1つの安全な道筋があると考える。我々は皆、各々の責任を受け入れ、国際的な協力、多極間主義およびEUグローバル戦略で定義した通りの、法に基づく世界秩序に投資する必要がある」と述べた。

上級代表は、最新の決定を列挙し、次の段階について説明した。安全保障と防衛に関するEUグローバル戦略実施計画、2016年7月にNATOと調印したEU・NATO共同宣言の実施、およびこの数週間内に提示される欧州委員会の欧州防衛行動計画という防衛と安全保障に関する包括提案の3つの主要素を概説しつつ、「我々は、12月6日のEU理事会に野心的な議題を提示しようと考えている」とした。

『EU MAG』の関連記事
初の共同宣言で協力強化を図るEUとNATO 2016年9月号 政策解説

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
https://eeas.europa.eu/headquarters/headquarters-homepage/15449/mogherini-eu-nato-cooperation-crucial-for-the-continent_en

© European Union, 2016 URL