ホームニュース・出版物ニュース2016> 欧州議会、2016年のサハロフ賞をヤジディ教徒の2人の女性に授与

欧州議会、2016年のサハロフ賞をヤジディ教徒の2人の女性に授与

EU News 348/2016

2016/10/27
欧州議会
ストラスブール

<日本語仮抄訳>

本日、欧州議会のマルティン・シュルツ議長と各政党グループの長による決定を受け、今年の「思想の自由のためのサハロフ賞」は、クルド系少数派ヤジディ教徒で、過激派組織「ダーシュ(イスラム国〈IS〉)」による拉致後に脱出し、迫害行為などを世界に訴えてきたナディア・ムラドさんとラミヤ・アジ・バシャルさんに授与することとなった。授与式は12月14日にフランス・ストラスブールで開催される。

シュルツ議長は、欧州議会本会議で演説し、サハロフ賞を2人に授与することで、「我々は、彼女たちの闘いが無駄ではなかったこと、多くの人々が今なおさらされているこのイスラム国と称する組織がもたらす困窮や蛮行との彼女たちの闘いを支援するため、我々は進んで取り組む用意があること、を示している」と述べた。「彼女たちは脱出に成功し、欧州に渡り、ここで安らぎの場を見つけることができた」とも述べた。

ナディア・ムラド・バセ・タハさんとラミヤ・アジ・バシャルさんは、ISに性奴隷にさせられた後、脱出に成功し、同テロ組織の性暴力の被害を受けた女性の代弁者となった。彼女たちはまた、IS過激派の大量虐殺作戦の対象であるイラクにおける少数派宗教のヤジディ教コミュニティの公的な擁護者である。

『EU MAG』の関連記事
「サハロフ賞とはどのような賞ですか?」 2014年3月号 質問コーナー

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.europarl.europa.eu/news/en/news-room/20161024STO48414/nadia-murad-and-lamiya-aji-bashar-winners-of-2016-sakharov-prize

European Parliament website URL