ホームニュース・出版物ニュース2016> タイのプミポン国王の死去を受けたトゥスク欧州理事会議長とユンカー欧州委員会委員長の声明

タイのプミポン国王の死去を受けたトゥスク欧州理事会議長とユンカー欧州委員会委員長の声明

EU News 332/2016

2016/10/13

<日本語仮訳>

ドナルド・トゥスク欧州理事会議長とジャン=クロード・ユンカー欧州委員会委員長は本日、以下の声明を連名で発表した。

「タイのプミポン・アドゥンヤデート国王の逝去の報に触れ、深い悲しみを感じている。

プミポン国王は広く愛され、尊敬されており、近年のタイの歴史において主要な人物であった。70年以上に及ぶ在位の間、同国王が進めた農村開発策は、何百万人もの国民の生活の向上につながった。

国王の貢献は多くの人々の暮らしに影響を与え、今後何世代にもわたって記憶に留められよう。プミポン国王は欧州では特に、持続可能な開発の促進への並々ならぬ取り組みによって記憶に残ることであろう。

王妃をはじめとする王室の方々およびタイ国民に対し、心中より弔意と哀悼の意を表したい」

 

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://www.consilium.europa.eu/en/press/press-releases/2016/10/13-tusk-letter-condolences-king-thailand/

Twitter: @eucopresident URL