ホームニュース・出版物ニュース2016> マレーシア航空機撃墜事件捜査の中間報告を受けたモゲリーニEU上級代表の声明

マレーシア航空機撃墜事件捜査の中間報告を受けたモゲリーニEU上級代表の声明

EU News 316/2016

2016/09/28
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は、マレーシア航空MH17便撃墜事件をめぐる合同捜査チームの中間報告を受け、以下の声明を発表した。

「2年前に多くの命が奪われたMH17便の悲劇は、EUにとっては変わることのない悲しみの種となったままである。

本日、合同調査チーム(JIT)により提出された独立した犯罪捜査による中間報告は、2014年7月17日に大切な方を失った人々に重くのしかかった多くの疑問に答え、重要な進展があったことを示している。JITによる個別の容疑者に関する捜査は継続され、捜査チームがその仕事を独立して、また徹底して完了できることが重要である。

EUはJITの捜査に対する最大限の支援を再度表明し、関与する国々による効果的な起訴メカニズムに向けた進展を歓迎する。MH17便の犠牲者、その友人と家族は、独立し、公平で透明な正義を受けることに値する」

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://eeas.europa.eu/node/10733_en