ホームニュース・出版物ニュース2016> マレーシアにおけるアフマド・ナジブ・アリス氏死刑執行を受けたEU報道官の声明

マレーシアにおけるアフマド・ナジブ・アリス氏死刑執行を受けたEU報道官の声明

EU News 314/2016

2016/09/27
ブリュッセル

<日本語仮訳>

「マレーシアにおいて、アフマド・ナジブ・アリス氏の死刑が執行された。死刑確定から11年が経過している。これは、極刑の使用停止へと向かう国際的すう勢に逆らうものだ。

欧州連合(EU)は、いかなる状況における極刑の使用にも反対である。死刑は、残忍で非人道的な刑罰であり、我々は、その普遍的廃止を一貫して呼びかけている。また、世界中の経験により、死刑が犯罪抑止の効力を有していないことが示されている。

マレーシア政府は、死刑の使用を見直す発表をしているが、早急にその作業に着手し、死刑の普遍的廃止に向けた第一歩として、執行停止の確立へと進むべきである」

『EU MAG』の関連記事
「死刑制度のない世界」を目指すEUの取り組み 2014年9月号特集

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://eeas.europa.eu/headquarters/headquarters-homepage/10668/execution-of-mr-ahmad-najib-aris-in-malaysia_en

© 1998-2016 Delegation of the European Union to Japan URL