ホームニュース・出版物ニュース2016> EU、国際協力・開発活動に関する報告書を公表

EU、国際協力・開発活動に関する報告書を公表

EU News 265/2016

2016/07/22
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

このたび、新たな「欧州連合(EU)国際協力・開発成果枠組み」に基づく初めての報告書が取りまとめられ、世界中の約100のパートナー国において、EUが資金助成したプロジェクトやプログラムで得られた成果の抜粋が提示された。これは、透明性の確保に向けた相当な一歩であり、EUの国際協力・開発政策における業績や成果への重点の絞り込みを強化する。この手法は、EU資金が注入された開発プロジェクトやプログラムの成果の新たな報告方法であり、EUがパートナー国において大きな成果に貢献していることを示している。

今回の報告書は、EU資金が投入され、2013年半ばから2014年半ばまでの間に完了した、資金面で最も重要なプロジェクトやプログラムの成果を記している。同報告書によれば、EUの開発協力資金の貢献で、450万人以上の生殖年齢の女性と5歳未満の児童が栄養摂取関連プログラムの恩恵を受け、110万件以上の出産に保健衛生専門家が立ち会い、妊産婦死亡率減少の一助となった。2,900万人以上もの子どもが学校に入学、うち1,900万人が初等教育、950万人が中等教育を受けた。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-16-2543_en.htm?locale=en

©European Commission URL