ホームニュース・出版物ニュース2016> モゲリーニEU上級代表と日本の岸田外相の電話会談

モゲリーニEU上級代表と日本の岸田外相の電話会談

EU News 234/2016

2016/06/29
ブリュッセル

<日本語仮訳>

フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は、今朝、日本の岸田文雄外務大臣と英国の国民投票の結果、EUのグローバル戦略および日・EU関係について電話会談を行った。

上級代表は岸田大臣と英国国民投票の結果を受けた、今後の流れについて話し合い、英国は、現時点では完全にEUの加盟国であり、そこから派生する、外交・安全保障を含めた全ての権利や義務を負っていることを強調した。上級代表は、将来も、EUと英国が可能な限り緊密に協力し続けると確信していることを伝えた。

上級代表は、岸田大臣に対し、昨日の欧州理事会においてEU首脳らに歓迎されたEUのグローバル戦略への同氏の個人的な貢献に対して謝意を述べた。岸田大臣と上級代表は、世界が強力で団結した欧州を必要としており、EU、日本そして志を同じくするパートナー諸国が、ルールに基づく国際秩序のための共同活動を継続しなければならないことを確認した。

最後に、上級代表と岸田大臣は、モンゴルで開催されるアジア・欧州会合(ASEM)首脳会合を見据えること、最近採択されたEUの中国に関する共同コミュニケーション(政策文書)、および日・EU戦略的パートナシップ協定と自由貿易協定の速やかな締結に向けて取り組むことの重要性を含め、地域および二者間にとって重要な事項について話し合った。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://eeas.europa.eu/statements-eeas/2016/160629_02_en.htm