ホーム  >  日・EU関係  >  日・EU文化関係

日・EU文化関係

欧州には多様な文化があり、さまざまな才能を持つ人々が住んでいます。欧州の幅広い文化創造性は、在日EU加盟国大使館文化機関の活動を通して触れていただけますが、駐日EU代表部はこれらの機関や日本のパートナーと連携し、欧州の文化および文化多様性に対する関心を高める取り組みを行っております。

駐日EU代表部が開催する主な文化イベントの一つが「EUフィルムデーズ」 です。EUフィルムデーズは、EU加盟国の映画作品を一堂に上映し、欧州の映画製作の質の高さと製作者の豊かな才能を披露するユニークなイベントです。2003年に始まり、年を追うごとに人気の高まりを見せる同イベントでは、東京での数週間にわたる上映に加え、ここ数年は他の都市での上映も行われています。2015年のEUフィルムデーズは、東京と京都を合わせると延べ11,000人以上が来場し欧州映画を楽しみました。

駐日EU代表部では、その他にも映画や音楽の鑑賞会、ワークショップや会議等も開催しています。こうしたイベントに関する情報は、EU代表部のウェブサイトのほか、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)Facebook, Twitterでもご案内しています。週刊Eメールニュース  にもEU代表部が主催および共催するイベントの情報が掲載されます。

EUのレベルでは、文化産業振興策「クリエイティブ・ヨーロッパ」プログラム を通じて欧州文化の支援を行っています。2014年から2020年の7年間を対象に総額14億6,000万ユーロの予算が割り当てられている同プログラムは、国境を越えた協力や交流、また音響映像分野における取り組みに助成を行います。また、欧州文化首都やEU文化遺産賞をはじめとする各種の賞など、欧州の文化に対する人々の関心を高める施策もあります。なお、「クリエイティブ・ヨーロッパ」については、こちらの記事も合わせてご覧下さい。

さらには、国際関係における文化の役割を考える新しいEUの戦略の策定に向けた動きがあり、EUの活動における文化の重要性が今後一層高まっていくことが期待されます。詳しくは、こちらをご覧下さい:Preparatory Action on Culture in the EU's External Relations.

EUFD001-1280x800bySHIMAZU

Updated 2015.08.26