ホームニュース・出版物ニュース2014> EU、豚肉輸入禁止措置をめぐり、ロシアをWTOに提訴

EU、豚肉輸入禁止措置をめぐり、ロシアをWTOに提訴

EU News 157/2014

2014/04/08
IP/14/389
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

欧州連合(EU)は本日、EU産の豚、豚肉およびいくつかの豚肉製品を対象としたロシアの禁輸措置をめぐり、世界貿易機関(WTO)に提訴した。

ロシアは2014年1月末に、EUを自国市場から締め出し、EUの総輸出の25%近くを禁輸とした。その決定の根拠として、リトアニアとポーランドがベラルーシと国境を接する地域に生息するイノシシにアフリカ豚コレラが単発的に4件確認されたことが挙げられた。

この禁輸措置により、EU農業はかなりの損害を受けることとなった。ロシアとの二者間協議は今のところ何らの成果もない。この先も解決の見通しが立ちそうにないことを受け、EUは、WTOの紛争処理制度に訴え、ロシアとの正式な協議を要請することとした。

原文はこちらをご覧下さい(英語)。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-14-389_en.htm?locale=en