ホームニュース・各種資料ニュース2012> ビルマ/ミャンマーにおける民族間紛争犠牲者への人道援助

ビルマ/ミャンマーにおける民族間紛争犠牲者への人道援助

EU News 567/2012

2012/11/16
IP/12/1220
ブリュッセル

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は、ビルマ/ミャンマーのラカイン州における最近の民族間闘争による犠牲者を救済するための資金を、100万ユーロ追加する。この新たな衝突により、何千人もの人びとが家を失った。

この100万ユーロの追加資金は、犠牲者に食糧を提供するために使われる予定であり、すでに同地域において活動している世界食糧計画により実施される。

本日の発表により、欧州委員会によるラカイン州住民を助けるための資金援助の総額が800万ユーロになる。6月以降、自宅からの避難を強いられた人の数は11万人を超えており、その大半がイスラム教徒のロヒンギャ族である。

原文はこちらをご覧下さい〈英語〉。
http://europa.eu/rapid/press-release_IP-12-1220_en.htm?locale=en